無料ブログはココログ

« 46人目の走者 | トップページ | 48人目の走者 »

2013年9月25日 (水)

47人目の走者

47人目の走者 国立大学法人 長岡技術科学大学 斎藤秀俊です delicious

2010年のガイドラインから救命の連鎖に心停止の予防が入りましたpaper

私は、2000年のガイドラインの以前より溺水の救命の連鎖を提唱して

いて、その中で連鎖の初めの鎖の部分に自己保全による呼吸の維持を

挙げています。日本蘇生学会誌 第21巻第2,41-47 (2002)にまとめています。

陸上活動を行っていて不意に水に転落した時、水面にて呼吸を維持

できれば生還のチャンスが生まれるわけでdash それを既存の救命の

連鎖とつなげることで水難からの生還プロセスが明確になりましたshine

自己保全による呼吸の維持というのが、みなさんが一度は耳にした

ことのある「浮いて待てpaper」であり、着衣泳t-shirtのことです。

陸上活動中に水に転落する溺死は、わが国においては水泳中の数倍に

達します。すなわち着衣状態であることが多いのです。

水面においては靴を履いた着衣状態は浮くのに極めて有利なのですが

一度体験してみないとわかりませんsweat01

そこで、現在全国の消防職員を中心に約1,200名の指導員が浮いて待て

という講習会を全国に展開しています。


_dsc4112111_2



☆一人でも多くの命を繋ぎたい!

             そんな想いを届けたい☆

~集う蘇生の心 ホームページ~

「あなたが起こす奇跡 

                   AEDの先に繋がる命」

http://www.soseinokokoro.sakura.ne.jp/

« 46人目の走者 | トップページ | 48人目の走者 »

41人目~50人目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387795/53377601

この記事へのトラックバック一覧です: 47人目の走者:

« 46人目の走者 | トップページ | 48人目の走者 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31