無料ブログはココログ

« 子供たちのために、未来のために! | トップページ | 30人目の走者 »

2012年1月17日 (火)

29人目の走者

八戸市立市民病院看護師の沼宮内元子と申します。中村舞さんからバトンを

受け取りました good 

私は出身地である十和田市で看護師をしていましたが救急救命士の

資格習得後、平成6年度から3年間十和田消防署へ派遣され救急隊の仕事を

しました dash

心肺蘇生普及活動は当時先輩救急隊員から教えてもらい一般市民に指導して

ました。一般市民に指導する楽しさや難しさを経験しました。病院の看護師に

り・・・私はもっと救急を勉強したかったのでICLSACLSBLSJPTECなどの

コースを受講し、救急や救急看護の学会・講習会にもたくさん参加しました sweat01

様々な所で勉強して、わかったことは、心肺停止後少しでも早く適切な処置をする

ことが一番いい sign01 ということです。 心肺停止を発見するのはすぐそばにいる人、

すぐそばにいるのは家族や職場・学校の仲間です shine

そのそばにいる人が適切な処置を行うことがとても重要と考えます。適切な処置とは

心肺蘇生法です。私はたくさんの人たちに心肺蘇生の方法を身につけてもらえるよう

活動しなければならないといつも考えております sign03

は現在AHABLSインストラクターとして医療従事者や一般市民にコースをほぼ

月開催しております notes   職場では急患室(初療)で救急看護認定看護師として

勤務しております。最近は院内看護師全員を対象にガイドライン2010BLS指導を

他の救急看護認定看護師とともに実施しました happy01

Sdscn0222

Sp1000083_4

また、当院は青森県ドクターヘリ基地病院 hospital ですので私は、フライトナースもやって

います。救急というキーワードで集まった仲間たちとこのような活動ができることは

とても幸せなことだと思います heart01

たくさんの人たちと一緒にがんばっていきたいと思います smile

☆一人でも多くの命を繋ぎたい!そんな想いを届けたい☆
~集う蘇生の心 ホームページ~
「あなたが起こす奇跡 AEDの先に繋がる命」
http://www.soseinokokoro.sakura.ne.jp/                                  

« 子供たちのために、未来のために! | トップページ | 30人目の走者 »

21人目~30人目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387795/43775268

この記事へのトラックバック一覧です: 29人目の走者:

« 子供たちのために、未来のために! | トップページ | 30人目の走者 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31